司法試験・予備試験・ロー入試に向けた会社法

司法試験上位合格者が会社法についてわかりやすく解説します

2021年(令和3年)司法試験考査委員(民事訴訟法学者)

こんにちは、コポローです。

司法試験考査委員(商法)の紹介記事が好評でしたので、他の分野についても書いていきたいと思います!

今回は、民事訴訟法の司法試験考査員(学者枠)を紹介します。

司法試験の出題は、主として学者委員が問題案を持ち寄り、投票・議論等を経て決まります。ですので、学者委員の関心や考え方を知っておくことは有益です。

以下では、2021年の司法試験委員(民事訴訟法学者)3名について、専門分野や著作を紹介します。

 

①菱 田 雄 郷(東京大学

東京大学卒業。

専門は、多数当事者訴訟(訴訟参加など)です。

  

最近の論文等

 

「裁判手続とIT化の重要論点(NUMBER 006)書証と電子データの取調べ」ジュリスト (1549), 60-66, 2020-09

「いわゆる対世効とはどのようなものか (シンポジウム 第三者に対する判決効の拡張)」民事訴訟法雑誌66号114頁(2020)

口頭弁論終結後の承継人(最判昭和48・6・21) (特集 講義・民事訴訟法の重要判例)法学教室469号37頁(2019)

多数当事者論の新動向 (特集 次の世代の民事訴訟法に向かって : 現行民事訴訟法20年を契機に)論究ジュリスト24号49頁(2018)

 「判決手続論の近況」法律時報 91(9), 44-49, 2019-08

 

参考リンク↓

菱田 雄郷|教員紹介|東京大学法学部・大学院法学政治学研究科 (u-tokyo.ac.jp)

 

菱田先生著作(共著)の教材↓

 

 第1線の研究者により、わかりやすくかつ比較的コンパクトに書かれており、おすすめの基本書です。

 

②名津井 吉裕(大阪大学

京都大学卒。

専門分野は、当事者適格・当事者能力です。

 

最近の論文等

「変動する第三者に対する判決効の拡張 」(シンポジウム 第三者に対する判決効の拡張)民事訴訟法雑誌66号103頁(2020)

「事例で考える民事訴訟法(第21回)補助参加・訴訟告知」法学教室 (471), 83-90, 2019-12

「(判例評釈)弁護士法23条の2第2項に基づく照会に対する報告をする義務があることの確認を求める訴えの適否[最高裁平成30.12.21判決]」 金融判例研究29号74頁(2019)

「事例で考える民事訴訟法(第17回)通常共同訴訟,同時審判申出共同訴訟」法学教室 (467), 105-112, 2019-08

「一部請求後の残部請求の処理」『高橋宏志先生古稀祝賀論文集・民事訴訟法の理論』921頁(2018)

「事例で考える民事訴訟法(第13回)既判力の主観的範囲」法学教室 (463), 105-112, 2019-04

 (判例評釈)航空機騒音にかかる将来の損害賠償請求訴訟と請求適格(最判平成28・12・8)私法判例リマークス56号110頁(2018)

 

参考ウェブサイト↓ 

研究者詳細 - 名津井 吉裕 (osaka-u.ac.jp)

 

名津井先生執筆(共著)の教材はこちら↓

 

名津井先生は編者ではありませんが、当事者能力の章を執筆されています。

この本は事例問題による演習書として非常におすすめです。

私も受験生時代に大変お世話になりました。 

菱田先生・勅使川原先生も 執筆されていますので、マストバイですね。

 

それから、単行本化はまだですが、法学教室で「事例で考える民事訴訟法」の共同連載を担当していたので、そちらもおすすめです。

 

③  勅使川原 和彦(早稲田大学

「てしがわら・かずひこ」と読みます。鬼滅の刃に出てきそうな苗字ですね。

早稲田大学卒業。かなり広い分野にわたって執筆をされており、専門は絞りにくいです。 強いて言えば、訴訟参加・上訴あたりでしょうか。

 

最近の論文等

「将来の権利関係の確認請求訴訟における確認対象適格に関する覚書」『高橋宏志先生古稀祝賀論文集・民事訴訟法の理論』569頁(2018)

「『参加の利益』論の現在」法曹時報71巻9号1789頁(2019)

 「控訴審・上告審の現状と課題 」(特集 次の世代の民事訴訟法に向かって : 現行民事訴訟法20年を契機に)論究ジュリスト24号57頁(2018)

 

 

参考ウェブサイト

早稲田大学 研究者データベース (waseda.jp)

 

勅使川原先生の執筆した教科書はこちら↓

 

一通り勉強が終わった受験生が理解を深めるための本として有用です。
 
以上の3名の先生については、論文や判例評釈(百選解説など)を見かけたときに、積極的に読んでみるとよいと思います!!問題意識や考え方を知ることができるからです。
 
考査委員の著作等については、今後も、随時情報更新していきます!
それではまた!!
 

 他分野の考査委員についてはこちらをご覧ください↓

kaishahou.hatenablog.jp

 

kaishahou.hatenablog.jp

 

kaishahou.hatenablog.jp

 

kaishahou.hatenablog.jp

 

 

kaishahou.hatenablog.jp

 

 

kaishahou.hatenablog.jp

 

 本ブログの人気記事もいくつか紹介させていただきます。

kaishahou.hatenablog.jp

 

 

kaishahou.hatenablog.jp

 

 

kaishahou.hatenablog.jp