司法試験・予備試験・ロー入試に向けた会社法

司法試験上位合格者が会社法についてわかりやすく解説します

2022年(令和4年)予備試験の選択科目論文試験について

 

こんにちは、コポローです。

 

 令和3年6月2日、令和4年度の予備試験論文式における選択科目の問題数・試験時間が下記のとおり発表されました。

   

 

「4  選択科目

⑴ 出題方針

各法分野における基本的な知識、理解及び基本的な法解釈・運用能力並びにそれらを適切に表現する能力を問うものとする。
司法試験において、更に同様の法分野に関する能力判定がなされることを前提に、予備試験の選択科目においては、基本的な知識,理解等を問うものとする。

⑵ 問題数

1問とする。

⑶ 配点

50点満点とする。

⑷ 試験時間

1時間10分程度とする。」

 

司法試験に比べ求められる水準は低そうですね。

 

なお、令和2年9月16日に発表された「司法試験予備試験の論文式による筆記試験の選択科目の選定について」(司法試験委員会)という資料では、次の通り記載されています。

 

「現在司法試験の選択科目として法務省令に規定されている8科目(倒産法、租税法、経済法、知的財産法、労働法、環境法、国際関係法(公法系)及び国際関係法(私法系))と同一の8科目に係る4単位以上の修得が法科大学院の課程の修了要件とされたことなどを踏まえると、法科大学院の課程を修了した者と同等の学識及びその応用能力並びに法律に関する実務の基礎的素養を有するかどうかを判定することを目的とする司法試験予備試験の論文式による筆記試験の選択科目としては、上記8科目、すなわち、①倒産法、②租税法、③経済法、④知的財産法、⑤労働法、⑥環境法、⑦国際関係法(公法系)及び⑧国際関係法(私法系)を選定するのが相当ではないかと考えています」。

 

 選択科目の選び方については、こちらの記事で解説していますので、参考にしてみてください。

kaishahou.hatenablog.jp

 

 

また、新たな情報があれば、記事にしてみます。

それではまた!!