司法試験・予備試験・ロー入試に向けた会社法

司法試験上位合格者が会社法についてわかりやすく解説します

2022年最新版【厳選】刑事訴訟法のおすすめ基本書・演習書・判例集リスト

こんにちは、コポローです。

今回は刑事訴訟法のおすすめの教科書・演習書・判例集厳選して紹介します。

 

 

 

 

刑事訴訟法教科書として個人的に最もおすすめなのは、リークエです↓

 

 

 

※レビューより抜粋↓

・司法試験を筆頭に、各種国家試験で刑事訴訟法を勉強する受験生には、質・量ともに充実しており、絶好の基本書。

刑訴法全体を平明な言葉づかいですっきりと解説しており,学生向けの教科書として素晴らしい内容である。

網羅性が高く、また、4章証拠法分野は特に完成度が他の基本書に比べても高い

他の基本書に比べて非常に読みやすいです。文章も短文で書かれている箇所が多い。

証拠法が秀逸。予備試験、司法試験対策という意味では、これで良いのでは?
・良書たらしめる原因は、レイアウト。コラムや判例を両サイド縦線で挟む配置で読み手としてはメリハリが付いて非常に助かります。

 

 

基本刑事訴訟法Ⅰ・Ⅱも定評があり、おすすめです!

 

 

→手続の全体像を手早く正確に理解できます。刑訴法を一通り勉強した人はⅡのみでも大丈夫ですが、そうした人でもⅠを読むことでより理解が深まるでしょう。

 

 

→論点を深く理解できます! 手続を理解している方は、2だけ読むのも問題ないです。

 

※レビューより抜粋↓

刑事訴訟法の基本がとても分かりやすく説明されています。手続理解編は、論点や解釈には入らないので初学者は一通りの素早く学ぶにとても適した基本書だと思われます。

論点理解編は、刑訴の中で、特に「論点」と言われる部分をピックアップして、判例主体の結論、判例の思考の検討を行っているため、国家試験対策にいいと思います。

 

 

 

演習書・副読本として、古江先生の事例演習刑事訴訟法もおすすめです↓

 

※レビュー(旧版含む)より抜粋↓

予備校の短文事例問題集や各過去問を解いている中で,ある論点について疑問に思ったところがあったときにこの本を参照しています。かなり詳しく,かつわかりやすい解説がされているので,辞書として用いるのに大変有用です。

基本的な論点は網羅していると思います。持っておいて、また、一周くらいはしておいて損はない本だと思います

主要な論点につき事例を挙げながら、判例・多数説・有力説(例えば川出・酒巻・堀江)の考え方をひもといていく。
一つの立場から考えるとどのような結論となるのか、ほかの立場からだとどうか、判例はどのような考え方を採るのか等、刑事訴訟法を学ぶ上で大いに勉強になる。また、答案作成上犯してしまいがちなミスの指摘も興味深い。

・第2版よりも詳しくわかりやすい説明になっています。第2版を持っている人も買う価値はあると思います。司法試験を目指している人はぜひ一読の価値はあります。

 

 

〇こちらの演習書もおすすめです↓

実務家教員による、あてはめ重視の演習書です。

 

 

※レビューより抜粋

・文章は読みやすく、規範の当てはめが具体的に記載されているので、イメージとともに自然に頭に入ってくる構成にまとめられており、非常に理解しやすいと思います。

 

 

〇同じ実務家教員によるこちらの演習書もおすすめです。

 

 

※レビュー(旧版含む)より

・一言でいうなら、同じ有斐閣の「刑法事例演習教材」(井田・佐伯ほか)の刑訴版。
・古江先生も、教え子に薦めているそうです。

・刑法といえば井田先生他の事例演習教材が有名だが、本書はそれの刑訴版と言ったところ
学説や判例の紹介はほどほどに、事例への当てはめがきちんとされており使いやすい
・模範解答のようなものはないが、あてはめがしっかりと書かれているため、ある程度刑訴の問題や解答に触れたことのある人なら、十分にこなせると思う
・問題構成は各問題ごとに、小問が2〜3ほどで、捜査分野一問、訴因か証拠法分野が一問という基本的な司法試験に沿ったような構成になっている
問題文の量としては予備試験〜司法試験本試(よりやや少ない)程度なので、短文問題を解くよりも骨は折れるが、いい訓練になる

 

 

 

判例集としては、判例百選が超定番かつおすすめです。

kindle版(少し安い)もあり、けっこう便利です。

刑事訴訟法判例百選〔第10版〕 [ 井上 正仁 ]

※レビューより抜粋

刑訴法の判例百選は他科目よりも質が高いように思いますし、第10版でもその伝統は継承されていると思います。

詳しく載ってるし、要点は整理されてる。一方で、用語の整理がされてないので、ある程度知識がある人向けだと思う。

 

 

〇刑訴では判例をしっかり理解することが超重要であるところ、司法試験委員の川出先生による下記2冊の書籍は非常におすすめです!!

 

Ⅰ捜査・証拠編

 

判例準拠で理屈もきちんと押さえた非常に読みやすい教科書。

・学界のトップランナーである著者が,重要判例を精密に分析し,その思考過程を解き明かしていくのが本書である。
他のレビュアーも言及しているが,極めて司法試験向きである。司法試験において問われているのは,まさに受験生の思考過程であるからだ。原理原則を踏まえて,いかなる事実を,いかなる順序で検討していくか,その思考過程が司法試験では問われているのである。そして本書の内容は,適切な思考過程を習得するという学習目標と完全に合致している。驚嘆すべき書籍である。

いかなる事案において、どんな問題をどのように解釈して判例がつくられたのかというプロセスをかみ砕いた簡潔な表現で学ぶことができます。学説も、判例を理解するために必要な限度で適度に触れられています。そして何より、答案でそのまま使えそうなフレーズがかなりある(特にあてはめ)ので、そういう本を求めている人からすれば宝の山といえます

 

 

伝聞法則をしっかりマスターしたい人には、こちらがおすすめ!

 

※レビュー抜粋↓

・ここまで伝聞のみに特化していて、本の厚さは薄く、内容はしっかりしているテキストも少ない。
・特記すべきは、伝聞の事例もテンコ盛りなのはもちろんのこと、司法試験で出た伝聞の問題の解答例が付いていること。これは学習者にとって、叩き台にしやすいもので、非常にありがたい。
なにより、弘文堂さん特有の価格の安さ。素晴らしいテキスト。買って損はない。

 

伝聞法則の特訓にはこちらもおすすめです!

 

 

 

 

 

今回の記事は以上です。

本記事は随時更新していく予定です。

それではまた!

 

〇他の科目のおすすめ教材はこちらです↓

kaishahou.hatenablog.jp

 

kaishahou.hatenablog.jp

 

kaishahou.hatenablog.jp

 

kaishahou.hatenablog.jp

kaishahou.hatenablog.jp

kaishahou.hatenablog.jp