司法試験・予備試験・ロー入試に向けた会社法

司法試験上位合格者が会社法についてわかりやすく解説します

司法試験(令和3年憲法)の採点実感をネタバレなしの範囲で抜粋してみました!

 

こんにちは、コポローです。

 

上記のツイートのとおり、司法試験受験生はもちろん、予備試験受験生にとっても、司法試験の「出題の趣旨」や「採点実感」は、非常に有益です。

 

司法試験の過去問を解く前の段階であっても、参考になるため、読んでほしいのですが、面倒だったり、ネタバレ等の懸念もあるので、なかなか読む人は少ないと思います。

 

そこで、今回は、ネタバレのない範囲で、司法試験(令和3年憲法)の「採点実感」から有益な記載を抜粋し、まとめてみました(ネタバレの懸念のある部分は○○○などと伏せたり、省略しています)!!

とくに重要な部分は太字にしたり、アンダーラインを引きましたので、是非、参考にしてみてください!!

 

総論
 規制①についての論述に紙幅と時間をとってしまい,より論ずべき点が多い規制②について十分な検討ができていない,合憲性の判断枠組みの定立までは十分な論述をしながら,具体的な合憲性の判断の場面で必要な論証が不足している等,論述のバランスが悪い答案が多かった。


 合憲性の判断枠組みとしては厳格な違憲審査基準を定立しながら簡潔な目的・手段審査で合憲性を肯定する答案,逆に,緩やかな違憲審査基準を定立しながら厳格な目的・手段審査をして合憲性を否定する答案等が,一定数あった。具体的な合憲性の判断に当たっては,自らが定立した判断枠組みの厳格度に見合った,事案の適切な検討が求められる。

また,単に問題文中に記載されている様々な事情を書き出して,総合的に衡量した答案の多くは,恣意的に憲法適合性を判断していると評価せざるを得ないものであった。


本設問では,必要に応じて,自己の見解と異なる立場に言及することが求められている。この観点からは,平板で浅い論述に終始する答案も見られたが,見解が対立する点を的確に見定め,自分の立場とはどこが違うのかを明らかにすることにより,自説を説得力のあるものにすべきである。

逆に,自己の見解とは異なる立場について一通り詳しく論じた上で,これを自己の立場から批判するという論述スタイルを採る答案も見られたが,本設問への解答に当たっては,自己の立場を論述する中で「必要に応じて」異なる立場に触れつつ,批判的検討を加えることが求められている。 

 

 

制約の合憲性の判断について

合憲性の判断枠組みとして○○○審査を選択する答案が一定数あったが,そのような判断枠組みを選択する理由付けが不十分なもの,問題となる人権への制約に関する論述と合憲性の判断枠組みに関する論述との繋がりに疑問があるものが見られた。合憲性の判断枠組みの選択に当たっては,十分な理由付けが求められる。

 

 合憲性の判断枠組みとして比例原則を採用する場合には,審査の密度を事案に即して適切に設定する必要があるが,そのことを意識して論述した答案は少なかった。

 手段審査における適合性,必要性を意識して論述する答案が一定数見られ,それらの答案の多くは,規制①が目的達成にどのように役立つのかを具体的に論述できていた。 

 

裁判所が合憲限定解釈を行えばその法令は合憲となるとする答案があったが,法律案の検討の場面を想定している本設問に対する解答として,本来は適切でない。少なくとも,裁判所があえて合憲限定解釈をしなければ救うことのできない憲法上の瑕疵が法律案にあることを具体的に論じている必要がある。 

 

 

問題となる人権の選択について
多くの答案が,問題となる○○の人権として,○○の自由,○○の自由,○○○の権利のいずれか一つだけを検討していた。現実には,ある一つの規制が同時に複数の人権を
制約することは珍しくない。一つの人権の制約を見いだしたとしても,それで満足することなく,当該規制について粘り強く多角的に分析すべきである。

 

問題となる人権への制約について

 ○○処分と○○義務がどのような意味で人権を制約しているかについて具体的な論述を欠いている答案が少なくなかった。また,規制②の内容や効果を検討することなく,安易に人権制約がないと断定する答案もあった。

 

合憲性の判断枠組みについて
問題となる人権や制約の態様が異なるにもかかわらず,十分な理由付けもせずに「規制①と同じ違憲審査基準を採用する」等とする答案が一定数あった。また,合憲性の判断枠組みとして厳格審査や中間審査を設定しながら,具体的な合憲性の判断が極めて簡潔であり,問題文中に記載されている事実に照らした検討が十分でない答案が多かった。 

 

目的・手段審査により合憲性を判断する際には,目的達成手段だけでなく,立法目的の
適否についても実質的な検討が求められるしかし,規制②の立法目的が,○○○○○○ことに加えて○○○○○○ことを狙ったものであることを指摘し,その問題点を検討した答案は,非常に少なかった。

 

○○処分による自由制限の程度とそれにより得られる公共の利益の衡量や,○○処分の
対象となる○○の要件の合理性について論述した答案,

「公共の安全を害する行為を抑止する」という規制目的との関係で,○○処分の対象となる○○の範囲が適切かどうかを論述した答案,

○○義務の対象となる○○の範囲等について,規制目的との関係での必要性・合理性を論述した答案は,いずれも高く評価できた。

 

本設問において論じる必要はない○○該当性の論点について,相当の分量を割いて論じ
る等,基本的な理解が不十分と思われる答案が見られた。

 

 

形式面での注意点
極端に字が小さかったり,乱雑であったりするなど,判読が困難な筆跡の答案が依然として一定数あった。


過料を「刑罰」「罰金」とするなど,基本的知識を欠く答案があった。また,違反行為に過料が科されることを理由として緩やかな違憲審査基準を採用できないという答案があったが,合憲性の判断枠組みは問題となる権利とその制約の分析を通じて定立されるべきである。制裁の有無や程度は,手段審査において考慮すべき事情である。

 

 設問とは関係のない一般論を延々と展開したり,設問との関係を論じることなく思いついた判例を挙げたりしても,高い評価は得られないことに注意すべきである。

 

例年指摘しているとおり,誤字には十分注意すべきである。特に「幸福追権」等は論外である。

 

 

 

今回の記事は以上です。少しでも参考になれば幸いです(^^♪

本記事の評判が良ければ、他の科目や他の年度の「採点実感」を抜粋した記事も作成したいと思います。

 

 

 

 

 

他の科目についてはこちらです↓

 

kaishahou.hatenablog.jp

kaishahou.hatenablog.jp

kaishahou.hatenablog.jp

kaishahou.hatenablog.jp

kaishahou.hatenablog.jp

kaishahou.hatenablog.jp

kaishahou.hatenablog.jp

kaishahou.hatenablog.jp

kaishahou.hatenablog.jp