司法試験・予備試験・ロー入試に向けた会社法

司法試験上位合格者が会社法についてわかりやすく解説します

司法試験(令和3年行政法)の採点実感をネタバレなしの範囲で抜粋してみました!

 

こんにちは、コポローです。

 

上記のツイートのとおり、司法試験受験生はもちろん、予備試験受験生にとっても、司法試験の「出題の趣旨」や「採点実感」は、非常に有益です。

 

司法試験の過去問を解く前の段階であっても、参考になるため、読んでほしいのですが、面倒だったり、ネタバレ等の懸念もあるので、なかなか読む人は少ないと思います。

 

そこで、今回は、ネタバレのない範囲で、司法試験(令和3年行政法)の「採点実感」から有益な記載を抜粋し、まとめてみました(ネタバレの懸念のある部分は○○○などと伏せたり、省略しています)!!

とくに重要な部分は太字にしたり、アンダーラインを引きましたので、是非、参考にしてみてください!!

 

 

採点方針
採点に当たり重視していることは,例年と同じく,

問題文及び会議録中の指示に従って基本的な事実関係や関係法令の趣旨・構造を正確に分析・検討し,問いに対して的確に答えることができているか

基本的な判例や概念等の正確な理解に基づいて,相応の言及をすることのできる応用能力を有しているか

事案を解決するに当たっての論理的な思考過程を,端的に分かりやすく整理・構成し,本件の具体的事情を踏まえた多面的で説得力のある法律論を展開することができているか,

という点である。

決して知識の量に重点を置くものではない。 

 

 

採点実感ーー 全体的印象
(悪筆・誤字)
○ 本年も,書き殴った文字,小さすぎる文字,極めてくせの強い文字,略字の多用等により判読不能な答案が依然として散見された。限られた時間内で答案を作成しなければならないため,多少,乱雑な文字であってもやむを得ないとは思うが,答案である以上,自分の考えを正確に理解してもらえるよう作成しなければ意味がない(可能な限り読む努力はするが,採点者が努力しても,物理的に読めない場合は,当該部分を採点に反映させることは不可能である。)。他人が読むことを意識して筆記するようにしてほしいし,日頃から読みやすい文字で答案を作成する訓練をしてほしい。


市道「占用」許可を市道「占有」許可と表記するなど,間違った言葉遣いをした答案が非常に多く見られた。


(法解釈・基礎的法概念等の理解)
○ 当然のことながら,法解釈論の基本は,法令の条文を正しく解釈し,事実に当てはめることである。行政法の様々な一般理論や定式も,個別の法令を解釈適用するための道具である。
個別の法令の条文をきちんと提示することなく,一般論に終始する答案が少なくないが,高い評価は望めないこととなる。


問題文の中で参考にすべきとして挙げられる判例は,行政法の中で重要な位置付けを与えられているものである(基本的な教科書や行政判例百選など主要な判例集にも登載されている。)。これらの判例の知識は,最低限備えておくべきものであり,司法試験を受験するに当たっては,不可欠のものである。

 

行政法学や法律学の初歩的な事項を理解できているのか,疑問に感じざるを得ない答案が散見された。

例えば,本件条例の法規性を否認したり検討したりする答案(本件条例第9条が行政手続法上の審査基準に当たることを踏まえたものかもしれないが,だからといって本件条例の全てが同じ法的性質を有するわけではない。),本件条例が○○法第○条第○項のいう「政令」に含まれ,したがって委任条例であると捉える答案,本件条例の委任に基づいて制定された本件条例施行規則を行政規則と捉える答案などである。 

 

(読解・分析・構成・表現力)
○ 例年のことながら,資料として付された【法律事務所の会議録】(以下「会議録」という。)に記載された指示を無視したもの,あるいは明らかに読んでいない答案が少なからずある。
問題においても,「以下に示された【法律事務所の会議録】を踏まえて…設問に答えなさい。」として,これを参照すべきことが明記されているように,会議録も問題の一部であり,その指示を無視して自説を展開しても論証不足となり,高い評価は望めない。 

 

 

(内容面)

処分性の検討に当たっては,実効的な権利救済の観点からの検討が欠かせないが,処分性の定義を論じる中で「成熟性」という観点を挙げていても,本件に即した検討において,○○○○の決定が中間段階の決定にすぎないという点の理解が十分に示されていないものや,単純にBが困っていることを指摘するにとどまるものが大部分であった。 

 

処分性判断の定式に沿って個々の要素を検討した答案の中には,「公権力性」を挙げておきながら検討過程でこれに全く触れない,触れるにしても単に「公務員」ないし地方公共団体の長たる市長が選定を行ったとか,「一方的態様」で行ったなどといった理由で権力性を認める答案が相当数あった。こうした理由で権力性が認められるのであれば,例えば地方公共団体の長が行った行政指導に関しても,およそ権力性があることになってしまう。 

 

訴えの利益が認められる根拠として,取消判決を受けることにより国家賠償請求が可能となることを指摘する答案があった。取消訴訟抗告訴訟)と国家賠償請求訴訟との関係についての理解が不十分であると思われる。

行訴法第9条第1項括弧書きに言及する答案があったが,これは「処分又は裁決の効果が期間の経過その他の理由によりなくなつた後」における訴えの客観的利益の帰趨に関する規定であって,訴えの客観的利益に関する一般規定ではない。

 

本問は,市長の裁量権の範囲の逸脱又はその濫用を論じる上で,結論に影響を及ぼし得る重要な事実を抽出・整理して,各要件に当てはめて論じるという,実務家として重要な能力を試すものであり,具体的な事実に基づく丁寧な論述が求められたところである。抽象的な議論に終始し,あるいは,結論のみの極めて大雑把な検討にとどまる答案や,会議録で示された検討の方向性を無視した独りよがりの検討に基づく答案については,高い評価をすることは困難であった。

 

問題文や会議録から事実を拾い上げて論じた答案においても,それぞれの事実の位置付けないし評価を,制度の全体像を踏まえて十分に検討することができたかどうかにより,説得力に差が表れた。

 

裁量の有無を検討していない答案もあったが,処分についての司法による実体的な統制に関しては,裁量の有無は重要な論点である。
 裁量の有無・広狭については,条文及び処分の性質の両面から論証することが望ましく,両者を丁寧に指摘するものは評価することができた。

 

今後の法科大学院教育に求めるもの
行政法の基本を重視した教育,さらには,個別のケースにおいて的確な規範を提示し(例えば,同じ処分性であっても,本問のように○○○○の処分性が問われるケースと行政計画の処分性が問われるケースとでは分析の視角が異なるはずである。),事実を正確に当てはめる能力を涵養する教育を期待したい。


行政法の基本的な概念・仕組みを確実に押さえて,重要な最高裁判例を丁寧に読んでその内容・射程を理解した上で,事例問題の演習を行うことが求められる。事例問題の演習においては,与えられた関係法令を読んで,問題になっている制度の仕組みを正確に把握することも目標とすべきだろう。


○ 会議録で指摘された判例についてそれなりの理解がある答案は多く,そのため,設問1⑵は比較的良くできた答案が多かったのに対し,本案主張の検討を求める設問2はそうではなかった。

本案の違法事由に関する問題については,行政法の基礎的知識に基づき,関係する法制度の的確な分析を行い,その上で個別法の適切な解釈をすることが求められるため,この点の能力を伸ばすことが,法科大学院教育の抱える課題の一つなのだろうと感じられた。

 

 

 

今回の記事は以上です。少しでも参考になれば幸いです(^^♪

それではまた!!

 

 

 

他の科目はこちら

 

kaishahou.hatenablog.jp

kaishahou.hatenablog.jp

kaishahou.hatenablog.jp

kaishahou.hatenablog.jp

kaishahou.hatenablog.jp

kaishahou.hatenablog.jp

kaishahou.hatenablog.jp

kaishahou.hatenablog.jp

kaishahou.hatenablog.jp