司法試験・予備試験・ロー入試に向けた会社法

司法試験上位合格者が会社法についてわかりやすく解説します

司法試験(令和3年民事訴訟法)の採点実感をネタバレなしの範囲で抜粋してみました!

 

こんにちは、コポローです。

 

上記のツイートのとおり、司法試験受験生はもちろん、予備試験受験生にとっても、司法試験の「出題の趣旨」や「採点実感」は、非常に有益です。

 

司法試験の過去問を解く前の段階であっても、参考になるため、読んでほしいのですが、面倒だったり、ネタバレ等の懸念もあるので、なかなか読む人は少ないと思います。

 

そこで、今回は、ネタバレのない範囲で、司法試験(令和3年民事訴訟法)の「採点実感」から有益な記載を抜粋し、まとめてみました(ネタバレの懸念のある部分は○○○などと伏せたり、省略しています)!!

とくに重要な部分は太字にしたり、アンダーラインを引きましたので、是非、参考にしてみてください!!

 

 

出題の狙い

本問においては,例年と同様,受験者が,

民事訴訟基礎的な原理,原則や概念を正しく理解し,基礎的な知識を習得しているか,

②それらを前提として,設問で問われていることを的確に把握し,それに正面から答えているか,

③抽象論に終始せず,設問の事案に即して具体的に掘り下げた考察をしているか

といった点を評価することを狙いとしている。


採点方針
答案の採点に当たっては,基本的に,上記①から③までの観点を重視するものとしている。本年においても,問題文中の登場人物の発言等において,受験者が検討し,解答すべき事項が具体的に示されている。そのため,答案の作成に当たっては,問題文において示されている検討すべき事項を適切に分析し,そこに含まれている論点を論理的に整理した上で,論述すべき順序や相互の関係も考慮することが必要である

そして,事前に準備していた論証パターンをそのまま答案用紙に書き出したり,理由を述べることなく結論のみを記載したりするのではなく,提示された問題意識や事案の具体的な内容を踏まえつつ,論理的で一貫した思考の下で端的に検討結果を表現しなければならない。

採点に当たっては,受験者がこのような意識を持っているかどうかという点についても留意している。

 

 

採点実感等

時間の不足に起因すると推測される大雑把な内容や体裁の答案が一定数見られたものの,全体としては,時間内に論述が完成していない答案は少数にとどまった。

しかし,検討すべき事項の理解を誤り,関係や必要がない論述を展開する答案や,検討すべき事項自体には気が付いているものの,問題文で示されている事案への当てはめによる検討が不十分であって,抽象論に終始する答案も散見された。

また,基礎的な部分の理解の不足をうかがわせる答案も少なくなかった。


なお,条文を摘示することが当然であるにもかかわらず,条文の摘示をしない答案や,条番号を誤る答案も一定数見られた。法律解釈における実定法の条文の重要性は,改めて指摘するまでもない

 

また,判読が困難な乱雑又は極めて小さい文字や略字を用いるなど,第三者が読むことに対する意識が十分ではない答案や,特に刑事訴訟の用語との混同など法令上の用語を
誤っている答案,日本語として違和感を覚える表現のある答案も一定数見られた。

本年では,○○○○において,請求を棄却とすべきところを「訴えを棄却」等とするものが少数ながら見られたこと,○○○○において,民事訴訟法第○○○条第1項について「第○○○条」とするのみのもの(「第1項」の摘示を欠くもの) (中略)が散見されたことを特に指摘しておきたい。

以上については,例年,指摘されているところであるが,本年においても,改めて注意を促すとともに,強く改善を求めたい。

 

 

○○○○制度の趣旨として,○○○○が生じた場合において,○○○○ことが訴訟経済に資するとともに,とりわけ○○○○ことができるという意味で公平の確保に資するという点を指摘することが期待される。そして,ほとんどの答案において,○○○○制度の趣旨が論じられていたが,これらを適切に論ずるものは少なく,大半は前者についてのみ指摘するものであり,後者を指摘するものは少数であった。また、「紛争解決の実効性」,「紛争の一回的な解決」といった指摘をするだけの答案も多かった。このような答案においては,マジックワードを書き出しているだけであって○○○○制度の趣旨が正しく理解されていないのではないかとの懸念が残った。

 

学説等を踏まえながら○○○○の意味内容を具体的に検討する答案は,ここでも適切な検討を進めることができているものが多かったが,例えば,○○○○の意味内容を「○○○○」であるとしながら,XのYに対する請求の訴訟物とXのZに対する請求の訴訟物が異なることを度外視して安易に○○○○を肯定するなど,自己が採用する○○○○の意味内容の理解を欠いていることがうかがわれる答案も一定数あり,定型的な論証パターンを書き出しているだけではないかとも推測された。

また,○○○○の意味内容について,「○○○○」とだけ述べる答案は,ほとんど「本件建物からZが立ち退かなければ,紛争が一回的に解決しない。」,「Zは,本件建物を賃借し,本件土地を占有しているから,○○○○した。」などと表層的に述べるにとどまるものであった。これでは当てはめとはいい得ず,評価されない。

 

 

多くの答案においては,上記の三つの要件の具体的意味内容の全部又は一部を示すことなく,又は不正確なものを示した上で,当てはめを行っていた。

また,当てはめを行うに当たって,大雑把なものや適切ではない事実を指摘するものも少なくはなく,事実を羅列した上で,それぞれの要件との対応関係を明らかにしないままに同項の要件が充足されるとするだけの答案も見られた。このような答案の評価は,低いものとなる。

なお,その後予想されるXY双方の主張立証活動については,○○○○と誤読した答案が散見された。文章の正しい読解は,法律家にとって基本的な事柄であり,注意を促したい。

 

○○○○を根拠とする以上はYの訴訟追行の在り方が問題とされるべきであるのに,それについて分析するものは少なく,大半のものは,○○○○を論じつつも,実際には,「○○○○」,「×××」等,Zの事情について検討するものであった。このような答案は,理解を欠いているまま定型的な論証パターンやキーワードを書き出しているだけのものと評価せざるを得ない

また,○○○○について言及することなく,Zの事情を述べるのみの答案も一定数あった。このような答案は,評価されない。

 

 

法科大学院に求めるもの
本年の問題に対しても,多くの答案において,一応の論述がされていたが,定型的な論証パターンをそのまま書き出したと思われる答案,出題趣旨とは関係のない論述や解答に必要のない論述をする答案,事案に即した検討が不十分であり,抽象論に終始する答案なども,残念ながら散見された。

また,民事訴訟の極めて基礎的な事項への理解や基礎的な条文の理解が十分な水準に至
っていないと思われる答案も一定数あった。

これらの結果は,受験者が民事訴訟の体系的理解と基礎的な知識の精確な取得のために体系書や条文を繰り返し精読するという地道な作業をおろそかにし,依然としていわゆる論点主義に陥っており,個別論点に対する解答の効率的な取得を重視しているのではないかとの強い懸念を生じさせる。

また,法を解釈してその内容を具体化し,事実から適切なものを拾い上げて当てはめていくという法適用が軽んじられているのではないかとも懸念される。

 

例年指摘しているように,条文の趣旨や判例,学説等の精確な理解を駆使して,日々生起する様々な事象や問題に対して,論理的に思考し,説得的な結論を提示する能力は,法律実務家に望まれるところであり,このような能力は,基本法制の体系的理解と基礎的な知識の精確な取得,論理的な思考の日々の訓練という地道な作業によってこそ涵養され得るものと思われる。

本年においては,特に設問2や設問3の課題2が定型的な論証を暗記するだけでは解答が難しく,上記のような法律実務家に望まれる能力こそが求められる問題であったが,高い評価に値する答案は少なかったことに鑑みると,上記の地道な作業が敬遠されているのではないかと危惧される。

法科大学院においては,このことが法科大学院生にも広く共有されるよう指導いただ
きたい。以上は,例年指摘しているところであるが,本年も重ねて強調したい。


また,民事訴訟法の分野においては,理論と実務とは車の両輪であり,両者の理解を共に深めることが重要である。現実の民事訴訟の手続の在り方のイメージがないままに学習を進めることは難しいと思われる

法科大学院においては,今後とも,より一層,理論と実務を架橋することを意識した指導の工夫を積み重ねていただきたい。

 

 

 

今回の記事は以上です。

民事訴訟法では、「紛争の一回的解決」「手続正義」「訴訟経済」などのキーワードを挙げるだけではなく(それだとマジックワードとして批判される)、当該事案に即して、その意味内容を具体的に示すことが重要であることが強調されています。

また、他の科目でもそうですが、民事訴訟法の採点実感では、論証パターンの丸暗記・丸写しに、とくに厳しい批判が書かれています。

 

本記事が少しでも参考になれば幸いです(^^♪

それではまた!!

 

 

 

 

 

他の科目の「採点実感」の抜粋はこちら↓

kaishahou.hatenablog.jp

kaishahou.hatenablog.jp

 

kaishahou.hatenablog.jp

 

 

kaishahou.hatenablog.jp