司法試験・予備試験・ロー入試に向けた会社法

司法試験上位合格者が会社法についてわかりやすく解説します

司法試験(令和3年刑事訴訟法)の採点実感をネタバレなしの範囲で抜粋してみました!

 

こんにちは、コポローです。

司法試験受験生はもちろん、予備試験受験生にとっても、司法試験の「出題の趣旨」や「採点実感」は、非常に有益です。

 

司法試験の過去問を解く前の段階であっても、参考になるため、読んでほしいのですが、面倒だったり、ネタバレ等の懸念もあるので、なかなか読む人は少ないと思います。

 

そこで、今回は、ネタバレのない範囲で、司法試験(令和3年刑事訴訟法)の「採点実感」から有益な記載を抜粋し、まとめてみました(ネタバレの懸念のある部分は○○○などと伏せたり、省略しています)!!

とくに重要な部分は太字にしたり、アンダーラインを引きましたので、是非、参考にしてみてください!!

 

採点方針

本年の問題も,昨年までと同様,比較的長文の事例を設定し,その捜査及び公判の過程に現れた刑事手続上の問題点について,問題の所在を的確に把握し,その法的解決に重要な具体的事実を抽出して分析した上,これに的確な法解釈を経て導かれた法準則を適用して一定の結論を導き出すとともに,その過程を筋道立てて説得的に論述することが求められている。

これを通じて,法律実務家になるために必要な刑事訴訟法に関する基本的学識,事案分析能力,法解釈・適用能力,論理的思考力,論述能力等を試すものである。 

 

〔設問1〕は,○○○○○○○○について,それぞれ,適法性を問うものである。ここでは,○○○○の要件,被疑事実との関連性が認められる証拠の範囲,○○○○の特性を踏まえた○○○○の適法性の判断枠組みを示し,事例に現れた具体的事実を的確に抽出,分析した上,前記各○○○○の適法性を論じることが求められる。


〔設問2〕は,○○○○につき,それぞれ,証拠能力の有無を問うものである。ここでは,伝聞法則の趣旨を前提に,伝聞と非伝聞を区別する基準を示した上,前記各○○○○が伝聞・非伝聞のいずれに該当するか,非伝聞証拠に該当するとした場合には,いかなる推論過程を経れば,要証事実を推認することができるのか,また,伝聞証拠に該当するとした場合には,伝聞例外規定の要件を充足するか否かについて,検討し,事例に現れた具体的事実を的確に抽出,分析した上,前記各○○○○の証拠能力の有無を論じることが求められる。


採点に当たっては,このような出題の趣旨に沿った論述が的確になされているかに留意した。
前記各設問は,いずれも,捜査及び公判に関して刑事訴訟法が定める制度・手続及び関連する判例の基本的な理解に関わるものであり,法科大学院において刑事手続に関する科目を履修した者であれば,本事例において何を論じるべきかはおのずと把握できるはずである。

 

〔設問1〕は,被疑事実との関連性が認められる証拠の範囲について判断した最高裁判例最判○○○○)や,○○○○○○○○の適法性について判断した最高裁判例(最決○○○○)など,法科大学院の授業でも取り扱われる基本的な判例を正確に理解していれば,説得的な論述が可能だと思われる。

〔設問2〕については,伝聞法則及び伝聞例外規定に関する正しい知識や理解があれば,出題の趣旨に沿った解答は可能であろう。 

 

 

採点実感
良い答案
〔設問1〕では,まず,○○○○適法性について,条文を的確に提示しながら,○○○○の要件を論じ,また,被疑事実との関連性が認められる証拠の範囲について,前記最高裁判例最判○○○○)を踏まえつつ,自己の見解を示した上,被疑事実の内容を意識しながら,本件○○○○の事案の性質,○○○○の記載内容,○○○○の現場がどのような場所であるかなど,事例に現れた具体的事実を的確に抽出,分析して,前記○○○○と被疑事実との関連性の有無を論じ,説得的に結論を導き出している答案が見受けられた。

また,○○○○の適法性について,事例における法的問題を的確に捉え,○○○○の可否につき,前記最高裁判例(最決○○○○)の考え方を踏まえながら,自己の拠って立つ判断枠組みを的確に示し,事例に現れた具体的事実をこれに当てはめて,説得的に結論を導き出している答案が見受けられた。


〔設問2〕では,まず,○○○○の記載内容が○○○○という要証事実の立証上どのような意味を持つのかを念頭に置きながら刑事訴訟法第320条第1項の伝聞法則の意義・趣旨を踏まえて,伝聞・非伝聞を区別する基準を示した上で,○○○○については,○○○○としての証拠能力を検討し,○○○○要証事実を推認できる推論過程を的確に論じ,事例に現れた具体的事実をこれに当てはめて,説得的に結論を導き出している答案が見受けられた。
また,○○○○については,伝聞・非伝聞を区別する前記基準を当てはめ,伝聞証拠に該当するか否かを検討し,証拠能力が肯定されるには○○○○の規定する要件が充足されなければならないことを指摘した上,事例に現れた具体的事実を的確に抽出,分析して,当てはめを行い,説得的に結論を導き出している答案が見受けられた。

 

良くない答案

他方、そもそも,法原則・法概念の意義や関連する判例の判断基準等についての記述が不十分・不正確で,当該項目についての理解が不足していると見ざるを得ない答案,法原則・法概念の意義や関連する判例の判断基準等として記述された内容自体には問題がないものの,これらを機械的に暗記して記述するのみで,具体的事実に対してそれらの法原則・法概念や判断基準等を的確に適用することができていない答案具体的事実の抽出が不十分であったり,その事実の持つ意味の分析が不十分・不適切であったりする答案が見受けられた。

 

また,「要証事実」,「公判外供述」,「供述証拠」などの法概念の意義について,記述が不十分・不正確な答案も少なからず見受けられた。

 

「不良の水準」にとどまると認められる答案

一般的には,刑事訴訟法上の基本的な原則の意味を理解することなく機械的に暗記し,これを断片的に記述しているだけの答案や,関係条文・法原則を踏まえた法解釈を論述・展開することなく,事例中の事実をただ書き写しているかのような答案等,法律学に関する基本的学識と能力の欠如が露呈しているものである。

例を挙げれば,〔設問1〕では,○○○○に関して,○○○○の要件の提示が不十分で,かつ,本事例における被疑事実の内容や○○○○の記載内容を考慮せず,○○○○だけを指摘して,○○○○と被疑事実との関連性を認めるような答案,

○○○○に関しては,具体的な判断基準を示さず,本事例における罪証隠滅のおそれだけを指摘して結論を導くような答案,

〔設問2〕では,伝聞法則の意義・趣旨についての理解や○○○○の記載内容の把握が不十分・不正確で,伝聞・非伝聞の区別を誤ったり,伝聞証拠とした場合に適用すべき伝聞例外の規定の選択を誤った答案などがこれに当たる。


法科大学院教育に求めるもの
今後の法科大学院教育においても,刑事手続を構成する各制度の趣旨・目的について,最高裁の基本的な判例を踏まえて原理原則に遡り,基本から深くかつ正確に理解すること,それを踏まえて,関係条文や判例法理を具体的事例に当てはめて適用する能力を身に付けること,自説の立場から論述の整合性に配慮しつつ論理立てて分かりやすい文章で表現できる能力を培うことが強く求められる。

 

また,刑事訴訟法においては,刑事実務における手続の立体的な理解が不可欠であり,通常の捜査・公判の過程を具体的に想起できるように,実務教育との有機的連携を意識し,刑事手続の各局面において,裁判所,検察官,弁護人の法曹三者が具体的にどのような立場からどのような活動を行い,それがどのように関連して手続が進んでいくのかなど,刑事手続が法曹三者それぞれの立場から動態として積み重ねられていくことについて理解を深めていくことが重要である

 

 

今回の記事は以上です。

今回のポイントは、主に、

①基本的事項(用語・条文・判例)の正しい理解

②事例の具体的事情をしっかりと検討し、あてはめる

③整合的で論理的な文章で分かりやすく表現をすること

の3点といえるでしょう。

 

本記事が、少しでも参考になれば幸いです(^^♪

それではまた!!
 

 

 

 

 

他の科目の採点実感の抜粋はこちら↓

kaishahou.hatenablog.jp

kaishahou.hatenablog.jp

kaishahou.hatenablog.jp

kaishahou.hatenablog.jp

 

kaishahou.hatenablog.jp