司法試験・予備試験・ロー入試に向けた会社法

司法試験上位合格者が会社法についてわかりやすく解説します

司法試験(令和3年労働法)の採点実感をネタバレなしの範囲で抜粋してみました!

 

こんにちは、コポローです。

司法試験受験生はもちろん、予備試験受験生にとっても、司法試験の「出題の趣旨」や「採点実感」は、非常に有益です。

 

司法試験の過去問を解く前の段階であっても、参考になるため、読んでほしいのですが、面倒だったり、ネタバレ等の懸念もあるので、なかなか読む人は少ないと思います。

 

そこで、今回は、ネタバレのない範囲で、司法試験(令和3年労働法)の「採点実感」から有益な記載を抜粋し、まとめてみました(ネタバレの懸念のある部分は○○○などと伏せたり、省略しています)!!

とくに重要な部分は太字にしたり、アンダーラインを引きましたので、是非、参考にしてみてください!!

 

 

採点方針
採点に当たっては,各問の事例の具体的な事実関係に即し,設問が求める法的検討・論述に必要な論点を的確に抽出できているか関係する法令,判例及び学説を正確に理解し,これを踏まえて各論点について論理的かつ整合性のある法律構成及び事実の当てはめを行い,適切な結論を導き出しているかを基準とした。


出題された事例の事案のポイントを正確に把握し,紛争の解決や法的検討に必要な論点を的確に取り上げた上,その論述が期待される水準に達している答案には,おおむね平均以上の得点を与えることとした。

各論点について関連する法規定や法原則の趣旨に遡った論証を展開し,当てはめにおいて必要な事実を過不足なく摘示し,あるいは,着目すべき当該事例の特徴的な事実関係を適切に読み取って必要な分析・検討を行っているなど,特に優れた事例分析や考察が認められる答案には,更に高い得点を与えることとした。

なお,答案の中には,極めて小さな文字で書かれてあるものや,非常に乱雑で文字の判読が困難なものもあった。文字の巧拙が得点そのものを左右するわけではないが,相手に伝えるために書くものであることを意識し,できるだけはっきりとした読みやすい文字で丁寧に答案を作成することを強く望みたい。

 

採点実感等

 

第1問

規範の趣旨や紛争の実態を正しく理解することなく,規範を表面的に暗記して事実を機械的に当てはめるという安易な学習方法に陥っている受験者が少なからずいることがうかがえた。


3つの設問を通じ,労働法の基本的な論点(特に近時実務上争われることが多い問題)についての正確な知識と理解に基づき,設問に則して丁寧に論述することができた答案は,十分に合格水準に到達するものとなっていた。

さらに,各論点について,規範の趣旨に立ち返った理論的な考察を行い,それに基づいて適切に論述し,結論を導くことができている答案は,より高い評価を得た


本問では特に,就業規則のない小規模の事業場が紛争の舞台となっており,判例等が事実関係として想定していたものとは異なる問題状況も含まれている。このような新たな事態や問題に直面した際に重要になるのは,法令や判例の趣旨と根拠を正確に理解し,それを当該新たな事態や問題に応用して論述する,理解力と思考力である。

本問でも,これらの点で答案の優劣が分かれた。日頃の勉強においても,法令や判例等の背景や基盤にある趣旨や根拠を正確に理解し,未知の問題に対して理論的な考察と丁寧な論述を展開することができる能力を養うことを心掛けてほしい。 

 

 

第2問

本事例の事実関係の下では論旨を左右しない事項に紙幅を費やし,論ずべき論点に触れていないものも散見された。個々の紛争において有意な論点を見極めることが求められよう。 

 

制定法や判例は主張の強固な根拠となるものであり,これを示さないものや条文の摘示が不正確,不十分なものは,当該条文や判例の意義を十分に理解していないものと評価せざるを得ない。

 

平素の学習から,単なる暗記にとどまらず,なぜそれらの4つ(あるいは3つ)の観点から検討することが必要かつ適切とされ,それぞれにおいてどのような事柄がどのような理由で○○○○の正当性を左右し得るものとして問題となるのかといった点についてまで正確に理解しようとする姿勢をもつことが肝心である。

そのような学習姿勢が論述の説得力を左右することを銘記すべきである。

 

答案の評価

「優秀」の水準にあると認められる答案とは,出題の趣旨を正確かつ深く把握し,言及を要する論点をほぼ漏れなく論じ,法令や判例の趣旨・射程の正確な理解に基づく的確な規範定立と緻密な事実の評価・当てはめを行い,全体として論理に飛躍や無理のない説得的な論述を行っていると認められる答案である。

 

「不良」の水準にあると認められる答案とは,関係条文・判例に対する知識に乏しく,労働法の基本的な考え方の理解にも至っておらず,例えば,関係する法令を挙げることも規範を示すこともせずに単に問題文中の具体的な事実をなぞるにとどまっていたり,少ない知識から無理に構成した適切でない論理や規範から短絡的に断定的な結論を導いていたり,極めて表層的な当てはめに終始するだけであったりするなど,具体的事実に対応して法的見解を展開するというトレーニングを経ておらず,基本的な理解・能力が欠如していると思われる答案である。

 

 

今後の出題方針

出題方針について変更すべき点は特になく,今後も,法令,判例及び学説に関する正確な理解に基づき,事例を的確に分析し,必要な論点を抽出した上で自己の法的見解の論証を正確かつ説得的に展開し,事例の中から有意な事実を過不足なく拾い上げて当てはめることによって,妥当な結論を導くという,法律実務家に求められる基本的な能力及び素養を試す出題を継続することとしたい。

従来と同様に,労働契約法,労働基準法を中心とする個別法の分野と労働組合法を中心とする集団法の分野のバランスにも配慮する予定である。

 

 

今後の法科大学院教育に求めるもの
基本的な法令,判例及び学説については,単なる暗記にとどまらない法の趣旨や理論的基盤に基づいた本質的な理解が図られるよう,更なる指導をお願いしたい。

また,それらを具体的な事案に適用して論理的に結論・解決に導く能力を磨くために,事例分析の前提となる基礎的な事実を正しく把握する理解力,結論に至る論理を導くために必要な論点を抽出し,その相互の関連性を意識しつつ分析する能力,法令,判例及び学説を踏まえた論理的かつ一貫性のある解釈論を展開し,法の趣旨に沿った適切な事実の当てはめを行って妥当な結論を導く能力など,法律実務家に求められる基本的な法的思考力を更に養成するよう重ねてお願いしたい。

 

 

 

今回の記事は以上です。

今回のポイントは、主に、

①制度や判例の趣旨や根拠を正確におさえること

②条文は正確かつ必要十分に示すこと

③具体的事例において重要な論点・重要な事実を見極めること

④整合的で論理的な文章で分かりやすく表現をすること

の4点といえるでしょう。

 

本記事が、少しでも参考になれば幸いです(^^♪

それではまた!!
 

 

 

 

 

基本7法の採点実感の抜粋はこちら↓

kaishahou.hatenablog.jp

kaishahou.hatenablog.jp

kaishahou.hatenablog.jp

kaishahou.hatenablog.jp

 

kaishahou.hatenablog.jp

 

kaishahou.hatenablog.jp