司法試験・予備試験・ロー入試に向けた会社法

司法試験上位合格者が会社法についてわかりやすく解説します

【厳選】国際関係法(私法系)のおすすめ基本書・演習書・判例集リスト(2022年度最新版)

 

こんにちは、コポローです。

今回は国際関係法(私法系)のおすすめの教科書・演習書・判例集厳選して紹介します。

この科目の試験範囲は、国際私法・国際民事訴訟法・国際取引法の分野に分かれています。勉強の中心は、国際私法です。

もっとも、総じて、条文数が少なく、勉強の負担は軽いので、司法試験・予備試験の選択科目として一定の人気があります。

 

 

〇最初に読む入門書としては、下記の本が、おすすめです。

国際私法独特の基本的考え方がよく分かります!

 

 

 

※レビュー抜粋

国際私法の考え方を図や表を使って、わかりやすく説明している。発展的な内容も、イラストを交えて論点の所在などを紹介している。個人的には、レイアウトが気に入っている。全く知らない分野だったが、国際私法への興味が増したので、読んで良かった。これだけで全てまかなえる書籍ではないが、国際私法への入門書としては最高の一冊だと思う。おすすめ。

・リーガルクエスト国際私法とか澤木=道垣内『国際私法入門』を読み進める前に、この本を読んでおくと良いと思います。

国際私法は他の法律とは少し異なるため、イメージを持つことが重要です。解説もわかりやすく、図もあるため、初学者にとっては最適です。まずは、この本から勉強することをお勧めします。

 

 

国際民事手続法や国際取引法も含まれた入門書兼基本書といえ、超おすすめです。

 

 

 

※レビュー(旧版)抜粋

国際私法だけにとどまらず、国際民事手続法、国際取引法(インコタームズ、ウィーン条約など)まで一冊でカバーされており、初めの一冊としては最良であると思われる。

本書は、図表や設例を適宜盛り込んで分かり易く説明していること、最新の国際私法・国際民事手続法・国際取引法に関する情報を知ることができること、判例索引があることから、本書を上回るテキストは見あたりません。宣伝文句通りに「国際関係私法を学ぶすべての人に」とって有用なものといえます。

・この本は非常によくまとまっています。自分のローではもっとも使われています。他の教科書では理由付けが薄かったり、詳しすぎて結局どちらの見解に立つのかはっきりしなかったりしますが、
この本は簡潔ですが、趣旨から丁寧な理由付けをしていますので、試験の答案にそのまま使える形になっていると思いますまた体系書に比べれば若干の不足は否定できませんが、過去の新司法試験の出題を見る限り試験に必要な分野の網羅はできてるかと思います。ただ、判例の掲載数が少なく、判旨引用が短い部分もあるので、判例の正確な理解をするには、百選と共に使うのがベストです

 

 

 

国際私法分野の基本書としては、こちらがおすすめです。

 

 

 

2022年に第3版が出ています。著者の北澤先生は、R4司法試験考査委員です。

※レビュー(旧版)抜粋

・これからの国際私法の本として主流になるのではないかと思う。わかりやすいです。

条文の趣旨や学説の対立、判例についてコンパクトに書いており、そのまま司法試験の論文に使えそうな表現もたくさんある。そういう意味では、司法試験に十分対応できる書籍だと思います。

 

国際民事手続法の基本書としてはこちらがおすすめです。

 

2022年に出たばかりの本で、著者の高杉先生はR4年司法試験考査委員です。

 

 

国際取引法の基本書としてはこちらがコンパクトでおすすめです。

 

 

2022年10月に第3版が出ました!

共著者の一人である高杉先生はR4年司法試験考査委員です。

 

 

判例集については、判例百選が定評があり、非常におすすめです。

 

   

 

 

 

 

演習書は下記のものが、必須級におすすめです。

 

 

 

※レビュー抜粋

演習問題の数が絞られていて、各論点をわかり易く解説してあるので読みやすかったです。また、バッグにきちんと納まる薄さと大きさなので、外出先にも持って行けました。

 

 

下記の演習書も、国際民事訴訟法や国際取引法の範囲も含んでおり、おすすめです。

 

 

 

※レビュー抜粋

事例(主として裁判例だが)を基に解説があり、また図も入っていて、わかりやすい。A説B説という記述に好き嫌いがあるだろうが、判例・通説の一辺倒より、結局理解が進むと思う。
・この本の巻末に、国際関係私法の司法試験の問題と解説がはいっている。国際裁判管轄の解説など、なるほどと思って読んでいる。司法試験の受験生にもよい本であろう。

 

 

 

今回の記事は以上です。

本記事は随時更新していく予定です(^^♪

それではまた!

 

   

 

 

 

選択科目の選び方についてはこちらで詳しく解説しています

kaishahou.hatenablog.jp

 

 

 

他の科目のおすす教科書等はこちらです↓

kaishahou.hatenablog.jp

kaishahou.hatenablog.jp

kaishahou.hatenablog.jp

kaishahou.hatenablog.jp

kaishahou.hatenablog.jp

kaishahou.hatenablog.jp

 

kaishahou.hatenablog.jp

 

kaishahou.hatenablog.jp

 

kaishahou.hatenablog.jp

kaishahou.hatenablog.jp

 

kaishahou.hatenablog.jp