司法試験・予備試験・ロー入試に向けた会社法

司法試験上位合格者が会社法についてわかりやすく解説します

司法試験(令和2年憲法)採点実感をネタバレなしの範囲で抜粋してみました!

 

こんにちは、コポローです。

 

上記のツイートのとおり、司法試験受験生はもちろん、予備試験受験生にとっても、司法試験の「出題の趣旨」や「採点実感」は、非常に有益です。

 

司法試験の過去問を解く前の段階であっても、参考になるため、読んでほしいのですが、面倒だったり、ネタバレ等の懸念もあるので、なかなか読む人は少ないと思います。

 

今回は、ネタバレのない範囲で、司法試験(令和2年憲法)の「採点実感」から有益な記載を抜粋し、まとめてみました(ネタバレの懸念のある部分は○○○などと伏せたり、省略しています)!!

とくに重要な部分は太字にしたり、アンダーラインを引きましたので、是非、参考にしてみてください!!

 

   

 

 

 

 

 

論述全般について
⑴ 特段必要もないのに各段階で自己と異なる立場から論述をするなど,「自己の見解と異なる立場に言及すること」に不必要にとらわれすぎている答案が一定数あったが,自説を中心に記述を展開する中で,必要な限度で他説に触れつつ,批判的検討を加えていくという書き方をすべきである。


⑵ 基本概念(○○○自由,立法裁量,○○○目的,○○の基準等)の理解が正確であるかどうか疑わしいものが多かった。


違憲審査基準の定立までは十分な記述をしながら,その具体的な適用においては,極めて形式的で簡潔過ぎる内容に終始した答案が目に付いた。


資料を積極的に活用し,具体的に論述を進めるように努めるべきである。

 


違憲審査について
⑴ 例えば,判例が「他のより緩やかな制限によっては立法目的を十分に達成することができないこと」を問題にしているにもかかわらず,目的達成との関係を考慮せずに手段が最小限度であるかどうかを論じる等,審査基準の具体的内容の理解が不十分な答案が非常に多かった


⑵ 多くの答案は,審査基準を設定するに際し,①制約されている権利の重要性,②制約の強度,③制約の目的を検討した上で基準の設定を行っていたが,①から③までの検討と具体的な審査基準とのつながりが不明確な答案が少なくなかった。また,定立した審査基準とその具体的な適用が実質的に整合していない答案,審査基準の具体的な適用の結論を記載していない答案,摘示した事実に対する法的観点からの評価の記載がない答案等の問題のある答案があった。

 

 

判例への言及について
関連する判例に言及しつつ論ずるべきことは問題文の要求でもあるところ,全く判例に言及しないまま論述を進める答案が少なからずあった。

一般論としても,法曹を目指す者が関連する判例を無視して議論を展開することは許されないであろう。

まして,本設問のように当然言及してしかるべき関連判例が存在する事案については,当該判例明示し,その論旨を踏まえて自らの見解を示すことは必須である。

 

 

手段審査について

手段審査については、まず当該手段が立法目的を(観念的・抽象的にであれ)促進するのかどうかを確認していない答案が多くあった。

次に,審査基準と現実の手段審査が対応していない答案も相当数見られた。例えば,審査基準として「実質的関連性」を挙げておきながら,現実には立法目的が抽象的に達成されていることで憲法上の問題がないとする答案や,「より制限的でない他の手段」の有無を審査するとしながら,現実に取り得る手段を具体的に挙げてその当否を検討していない答案である。

   

 

 

 

 

項目分けについて

許可と許可条件,あるいは,○○○○について,問題の所在を発見・分析する過程では,両者を分けて丁寧に検討することは,確かに有用であるが,答案においてこれらを別項目に分けて記述すべきかどうかは,検討の結果による。

機械的に別項目を立てるのではなく,自分の検討の結果として分けて論じる意義がない場合には,そのように答案構成すべきであろう。

現実には,一定数の答案が別項目に分けて記述していたが,その相当数は,記述がほぼ重複していた。 

 

 

その他内容面での注意点

憲法的観点からの見解が求められているにもかかわらず,政策的により効率的に立法目的を実現できる別の代替案を提示しているとしか思えないものなど,問題が多い答案も散見された。

 

罰則があるので緩やかな基準を採れないという答案があったが,審査基準は権利に対する制約の態様,強さで定立されるべきである。罰則の有無は目的達成手段の審査において考慮されるべき事柄であると思われる。 

 

自由権と平等原則の関係については,(ア)専ら自由権の侵害を問題にすべき場合,(イ)自由
権侵害に加えて,自由に関する別異取扱いが固有の憲法問題を生じさせており平等原則違反をも問題にすべき場合,(ウ)自由権侵害が問題にならず,専ら平等原則違反を論じれば足りる場合とがある。

今回の○○○の憲法上の問題の所在は明らかに(ア)にあり,多くの答案もそのように論じていた。平等原則違反も論じた,あるいは専ら平等原則を論じたという答案は,そもそも自由権と平等原則の基本的な関係について理解が不十分であると言わざるを得ない。 

 

 

 形式面での注意点
・ 判別が困難な筆跡の答案が依然として少数ながら散見される。
・ 誤字には十分注意すべきである。特に,「必要不可」や「幸福追権」等は論外である。
・ 答案の構成として,第1,第2,・・(1),(2)・・と内容に応じて項目を立てて論じることは内容を正確に伝えることに資すると思われるが,それ以上にわたって,改行するたびに,ア,イ,ウ・・や,a,b,c・・などと全く必然性がないのに細かく記号を付してブツ切りの論述を行うことは避けるべきである。求められているのは,内容が論理的に明快な論述であって,表面的に整理された形式ではない

 

 

今回の記事は以上です。少しでも参考になれば幸いです(^^♪

 

 

 

 

 

 

令和3年度の採点実感(基本7法と労働法・倒産法)をネタバレなしの範囲で抜粋した記事は、こちらからご覧いただけます↓

kaishahou.hatenablog.jp