司法試験・予備試験・ロー入試に向けた会社法

司法試験上位合格者が会社法についてわかりやすく解説します

司法試験(令和2年民法)採点実感をネタバレなしの範囲で抜粋してみました!

 

 

こんにちは、コポローです。

 

上記のツイートのとおり、司法試験受験生はもちろん、予備試験受験生にとっても、司法試験の「出題の趣旨」や「採点実感」は、非常に有益です。

 

司法試験の過去問を解く前の段階であっても、参考になるため、読んでほしいのですが、面倒だったり、ネタバレ等の懸念もあるので、なかなか読む人は少ないと思います。

 

今回は、ネタバレのない範囲で、司法試験(令和2年民法)の「採点実感」から有益な記載を抜粋し、まとめてみました(ネタバレの懸念のある部分は○○○などと伏せたり、省略しています)!!

とくに重要な部分は太字にしたり、アンダーラインを引きましたので、是非、参考にしてみてください!!

 

   

 

 

 

採点方針
採点は,従来と同様,受験者の能力を多面的に測ることを目標とした。


具体的には,民法上の問題についての基礎的な理解を確認し,その応用を的確に行うことができるかどうかを問うこととし,当事者間の利害関係を法的な観点から分析し構成する能力,様々な法的主張の意義及び法律問題相互の関係を正確に理解し,それに即して論旨を展開する能力などを試そうとするものである。


その際,単に知識を確認するにとどまらず,掘り下げた考察をしてそれを明確に表現する能力,論理的に一貫した考察を行う能力,及び具体的事実を注意深く分析し,法的な観点から適切に評価する能力を確かめることとした

 

これらを実現するために,一つの設問に複数の採点項目を設け,採点項目ごとに,必要な考察が行われているかどうか,その考察がどの程度適切なものかに応じて点を与えることとしたことも,従来と異ならない。

 

さらに,複数の論点に表面的に言及する答案よりも,特に深い考察が求められている問題点について緻密な検討をし,それらの問題点の相互関係に意を払う答案が,優れた法的思考能力を示していると考えられることが多い

 

そのため,採点項目ごとの評価に加えて,答案を全体として評価し,論述の緻密さの程度や構成の適切さの程度に応じても点を与えることとした。これらにより,ある設問について法的思考能力の高さが示されている答案には,別の設問について必要な検討の一部がなく,そのことにより知識や理解が一部不足することがうかがわれるときでも,そのことから直ちに答案の全体が低い評価を受けることにならないようにした。

 

また,反対に,論理的に矛盾する論述や構成をするなど,法的思考能力に問題があることがうかがわれる答案は,低く評価することとした。

 

また,全体として適切な得点分布が実現されるよう努めた。以上の点も,従来と同様である。 

 

 

 

 

 

 

全体を通じての指摘事項

本年の問題も,昨年に引き続き,どのような法規範(判例により形成される規範を含む。)の適用を問題とすべきかという大きな検討課題の把握は比較的容易であり,実際にも,これを大きくは外さない答案が少なくなかった。

 

それでも答案間で評価に差が付くのは,分析の深度や精度,更には論理的な展開力などによるところが大きいと感じられることも,昨年と同様である。


すなわち,本年の各設問にも現れているように,ある一つの事案を解決するに当たっては,複数の制度や判例等にまたがった分析が必要となるが,当然ながら,そのためには,個々の制度等についての理解が必要であり,更には,制度相互間の体系的な理解が必要になる。

 

その上で,これを一つの分析結果にまとめ上げるためには,その理解している内容を,示された事実関係を踏まえて論理的に展開していくことが重要である。


このような法律の体系的理解とこれに基づく実践的な論理展開能力の重要性は例年指摘しているところであり,引き続き留意をしていただきたい。

 

その上で,本年の答案を見て特に感じられたことについて,幾つか指摘しておきたい。

 

第1に,問題文をよく読まず,その指示や趣旨に従わずに論ずるものが散見されたことである。
例えば,設問1において,……契約責任に基づく主張について尋ねているにもかかわらず,契約の解除,取消しといった契約関係を解消する主張などを論じる答案が散見されたことや,設問2において,問題文で指示した解答の流れから外れた論じ方をする答案も散見されたことである。問題文において指示した内容に応じて解答する前提で採点はされるから,限られた時間内に必要十分な答案を作成するためには,問題文をよく読んで理解した上で答案を作成することが肝要である

 

第2に,特定の法律効果の発生の有無を検討することが求められているのに,その基本的な要件が満たされているかどうかを検討せず,自己が主要な論点と考える部分のみを論ずるものが散見されたことである。

例えば,設問1において,○○の有無について深く論ずること自体はよいとしても,それのみを検討し,○○○○の他の要件に触れないまま,安易に請求権の発生を認める答案が散見された。法律効果を発生させるためには法律要件が満たされていなければならないという当然の基本的原則を常に銘記する必要がある。


第3に,毎年のように指摘をしているにもかかわらず,本年も,文字が乱雑であったり,小さすぎたり,あるいは線が細すぎたりして,判読が困難なものが一定数存在したことである。

特に,十分な答案構成をせずに書き始め,後から既述部分に多数の挿入をする答案は,必然的に文字が小さくなり,その判読が困難になる。これらの点についても,引き続き改善を望みたい。

   

 

 

 

 


法科大学院における今後の学習において望まれる事項
本年は,民法(債権関係)改正の施行後初めての試験であり,同改正を踏まえた出題もされているが,おおむね改正内容を把握した上での解答がされており,法科大学院教育を通じて改正内容についての理解が進んでいることがうかがわれた。

引き続き,改正内容を踏まえた法的知識の習得に取り組んでいただきたい。

 

また,本年においても,昨年ほどではないものの,設問の文字数を減らして受験者の事務処理の負担を軽減しつつ,財産法の分野における基本的知識・理解を横断的に問う問題が出題された

条文や判例に関する基本的な知識を踏まえ,問題文を注意深く読んだ上で,【事実】に顕れた事情を分析して設問の趣旨を適切に捉え,筋道を立てて論旨を展開すれば,相当程度の水準の解答ができるはずである(設問2の小問(2)は,多くの受験生にとってこれまでに検討したことがない問題であったと思われ,検討に時間を要するとは考えられるが,このような問題であっても,基本的な知識・理解が十分身に付いていれば,それを手掛かりとしながら検討することは可能であると考えられる。)。

 

限られた時間内で答案を作成するためには,短時間で自己の見解を適切に文章化するのに必要な基本的知識・理解を身に付けることが肝要であり,引き続き,法的知識の体得に努めていただきたい。


さらに,本年も,昨年同様,判例を参考にすることで深い検討を行うことができる問題が出題されているが,法律実務における判例の理解・検討の重要性を再認識していただきたい(判例の採った論理や結論を墨守することを推奨してはいないが,判例と異なる見解を採るのであれば,判例を正確に指摘して批判することが必須である。)。

例年指摘されているところであるが,判例を検討する際には,その前提となっている事実関係を基に,その価値判断や論理構造に注意を払いながらより具体的に検討することが重要であり,かつ,様々なケースを想定して判例の射程を考えることで,判例の内容をより的確に捉えることができるものである。

このような作業を行うことで,個々の制度についての理解が深まるだけでなく,制度相互間の体系的な理解が定着することに改めて留意していただきたい。

 

 

 

 

 

今回の記事は以上です。少しでも参考になれば幸いです(^^♪

 

 

 

 

 

 

令和3年度の採点実感(基本7法と労働法・倒産法)をネタバレなしの範囲で抜粋した記事は、こちらからご覧いただけます↓

kaishahou.hatenablog.jp