司法試験・予備試験・ロー入試に向けた会社法

司法試験上位合格者が会社法についてわかりやすく解説します

【2022年最新版】予備試験・司法試験合格のためのおすすめの予備校比較(厳選5校)

こんにちは、コポローです。

予備試験合格・司法試験合格は、独学ではなかなか難しいのが現状です。

 

予備校を利用することで効率よく学習ができますが、どの予備校が良いか、なかなか判断が難しいと思います。

 

そこで、今回は、私の周囲(弁護士や修習生・受験生など)やネット上の評判も踏まえて、予備校の比較・分析をしたいと思います。

 

わかりやすいように、箇条書きで、特徴やメリット等をなるべくコンパクトに指摘していきます。

この手の記事は長いものが多いのですが、私のブログでは、予備校数・特徴ともに厳選して紹介します!

 

 

 

 

1 伊藤塾

 

 

特徴

・司法試験予備校の最大手

・利用者多数で、合格実績も圧倒的

・費用はやや高いが、高クオリティ

・塾長も有名

・WEB受講も、通学受講(東京4か所、大阪、京都、名古屋)もできる

 

メリット

・初学者にもわかりやすい教材が多い

・教材の量と質が豊富

・教材のカバー範囲が比較的広いので、最近の予備試験や司法試験におけるイレギュラーな出題にも、比較的対応しやすい

・講師陣も経験豊富で信頼できる

 

 

 

 

 

 

2 アガルート

 

特徴

・2015年開設の比較的新しいオンライン予備校

・講師が全員、新司法試験合格者

・相当の実績あり。令和3年司法試験合格者1421名のうち、669名がアガルートの講座利用者とのこと。

・最近、人気がどんどん上がっている印象

 

メリット

・多機能受講システムで学習しやすい

・オリジナル教材も分かりやすいと大評判

・プロ講師によるフォローなど、サポート体制が非常に充実している

・コストパフォーマンス的に優れている

 

 

 

 

 

3 LEC 東京リーガルマインド

 

 

特徴

・古くからある老舗予備校(1979年設立とのこと)

・サポート体制もしっかりしている

・WEB受講、DVD受講、通学受講(東京・神奈川・大阪・愛知)がある

 

メリット

・40年以上の指導経験で合格ノウハウが蓄積されている

・講師陣が信頼できる

・単発講座も多く、選択股が広い

・学習段階に合わせた独自テキストがあり、受講生からの評判が高い

・さまざまな割引制度がある

 

 

 

 

4 資格スクエア

 

 

特徴

・受講料が安い

・全講義オンライン

・情報の取捨選択を徹底している

・「満点ではなく、合格点を目指す」というコンセプトのもと、コスパ重視の指導方針がとられている

 

 

メリット

・受講料が安い

・添削してもらえる答案の数が多い

・オンライン機能が比較的充実している

・受講生満足度が高い(コスパが高い)

・予備試験、司法試験合格に直結する指導がされている

 

 

 

 

5 スタディング

 

 

特徴

・比較的新しいオンライン予備校

・独学スタイルなので、独学できる人向け

・「スキマ時間で合格」がコンセプト

・通勤時間にも学習できるような手軽なカリキュラム

スマホなどで、すきま時間の学習にも便利

 

 

メリット

・受講料がすごく安い

スマホタブレットのみで学習できる

・学習状況がグラフや数値で表示され、モチベーション持続にもなる

 

 

 

 

 

 

今回の記事は以上です。

人によって、適した勉強方法が異なるように、適した予備校も異なると思います。

資料請求をするなどして、ご自身でも比較・検討してみて下さい!

それではまた!!

 

 

各予備校の資料請求先

各予備校の資料請求先リンクはこちらです↓↓

 

伊藤塾

 

 

アガルート 

 

 

 

LEC

 

 

資格スクエア

   

 

 

スタディング